害虫・害獣駆除百科

害虫・害獣の基礎知識から駆除方法をご紹介!

  • 害虫・害獣
  • 2018/02/12

屋根裏に住み着く害獣のご紹介

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

屋根裏は、滅多に人が訪れないため、害獣にとっては非常に安全な場所であると言うことができるため、害獣は一般的に屋根裏に住み着く傾向があります。

そのため、屋根裏から頻繁に物音がする場合は、何かしらの害獣が屋根裏に住み着いている可能性があり、早急に対策を行わなくては、健康被害や経済被害など、さまざまな被害を被る可能性が出てきてしまいます。

今回は、屋根裏に住み着く害獣をご紹介いたします。

屋根裏に住み着く害獣一覧

よくある屋根裏に住み着く害獣一覧をご紹介いたします。

ネズミ

家ネズミの中でも、クマネズミやハツカネズミは、屋根裏を住処とすることがあります。

イタチ

屋根裏は、断熱材が張られているため、イタチにとって屋根裏は、安全で暖かい住処になります。

また、ネズミが屋根裏にいる場合は、捕食するためにイタチも発生すると言うことも多くあります。

ハクビシン

イタチ同様にハクビシンにとっても屋根裏は、暖かく安全な住処になります。

コウモリ

アブラコウモリと言われるコウモリは、屋根裏に住み着く習性があります。

害獣が屋根裏を好む理由

害獣が屋根裏を好む理由は大きく分けて2つの理由からになります。

安全性が高い

屋根裏は人が滅多に訪れることが無いため、害獣にとっては非常に安全な場所であると言えます。

快適な環境

屋根裏は比較的暖かいため、害獣にとって快適な環境になりえます。

また、断熱材などが張られている場合は、それらを生かして巣を作るため、より快適な環境となってしまいます。

エサが豊富

冬になると屋根裏には、さまざまな小動物や昆虫が集まってくる傾向があります。

冬の間すべての動物は暖かい場所い集まるため、害獣にとってはエサが豊富な場所となってしまいます。

まとめ

今回ご紹介した害獣以外も、屋根裏に住み着くことは多くあります。

そのため、害獣に侵入されないように進入路となり得る穴をしっかりと塞ぐなど、屋根裏対策を行わなくてはなりません。

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

対応エリア・お問い合わせ

サービス対応エリア 大阪・京都・神戸(兵庫)・奈良・三重・滋賀・和歌山
お電話でのお問い合わせ 0120477123
メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

TOP