害虫・害獣駆除百科

害虫・害獣の基礎知識から駆除方法をご紹介!

  • 駆除方法
  • 2018/09/06

自分で行うタヌキ駆除法

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

タヌキと言うと可愛いイメージで、動物園でも非常に人気のある生物ですが、実はタヌキは人々の生活に悪い影響を与える害獣になります。

そのため、タヌキが万が一建物内に侵入してくると、さまざまな被害を被ることになるため、早急に駆除を行わなくてはなりません。

そこで今回は、自分で行うタヌキ駆除の方法についてご紹介をいたします。

タヌキの特徴

タヌキは、基本的には、温厚な性格で協調性のある動物であるため、こちらから危害を加えようとしない限りは、攻撃してくることはありません。

しかし、繁殖期や子どもがいる場合は、神経質になっているため、攻撃してくる可能性もあるため、注意をしなくてはなりません。

また、タヌキは基本的には集団行動をすることが多いため、一匹のタヌキを見たら複数のタヌキがいると思わなくてはなりません。

タヌキを駆除する際の注意点

タヌキは、驚いた時に一時的に仮死状態になり、相手を騙す行動をとります。

そのため、死んだ狸がいると思っても、不用意に触ろうとせずに、しっかりと確認してから捕獲するようにしなくてはなりません。

タヌキがもたらす被害

タヌキは基本的には山に生息していますが、近年住宅街にも出没するようになっています。

タヌキがもたらす被害としては、主に以下のものが考えられます。

農作物への被害

タヌキは基本的には雑食ですが、果実や作物を好んで食べます。

そのため、深夜に畑に忍び込み、農作物を荒らしてしまいます。

騒音被害

タヌキは木登りが得意なため、屋根から天井裏に侵入し、棲みついてしまうことがあります。

棲みつかれてしまうと、タヌキは夜行性であるため、深夜に屋根裏を歩き回り、足音をならし、騒音被害を受けてしまう可能性があります。

環境被害

タヌキは一か所に糞を貯める修正があります。

そのため、その糞をそのままにしておくと、他の狸もそこに糞をするため、強烈な異臭がするようになります。

健康被害

タヌキには、ヒゼンダニと言われるダニが寄生していることがあり、このダニが人間に寄生すると「疥癬(かいせん)」という皮膚病を引き起こします。

疥癬は、ヒゼンダニが皮膚で増殖する病気になり、ひどい時には、数百万ものヒゼンダニが増殖してしまい、皮膚がボロボロになってしまうこともあります。

タヌキの駆除方法

タヌキは、鳥獣保護管理法で守られている害獣になるため、捕獲すら許可が必要になるため注意が必要です。

タヌキが隠れる場所をなくす

周辺に藪や下草が生い茂っている場合は、タヌキの隠れ家となってしまうため、定期的に刈り取るようにしなくてはなりません。

また、夜間にゴミを漁りに来ることもあるため、できる限り夜間にゴミを出すことを辞める、またどうしても出す必要がある場合は、ネットなどをしっかりと張るようにしましょう。

タヌキが侵入できないようにする

物理的にタヌキの侵入を防ぎます。

金網フェンスをしっかりと張ることや、果物などを栽培している場合は、木に登れないようにします。

ライトを設置

タヌキは基本的には夜行性の害獣になるため、強い光を当てると逃げていきます。

そのため、タヌキが近づいてくると、ライトが点灯するような仕掛けを施しておくことで、タヌキ対策とすることが可能です。

忌避剤の利用

タヌキの天敵であるオオカミの尿の成分が使用されている忌避剤を利用することで、タヌキが近寄らなくなります。

まとめ

タヌキは一見可愛い動物に見えますが、人に多くの被害を与える害獣になります。

また、鳥獣保護管理法で守られているため、捕獲すら許可が必要であるため、タヌキが近寄らないような対策を行う必要があります。

当社では、京都・神戸・大阪などの近畿一円で害虫・害獣駆除を行っておりますので、タヌキ被害でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

対応エリア・お問い合わせ

サービス対応エリア 大阪・京都・神戸(兵庫)・奈良・三重・滋賀・和歌山
お電話でのお問い合わせ 0120477123
メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

TOP