害虫・害獣駆除百科

害虫・害獣の基礎知識から駆除方法をご紹介!

  • 害虫・害獣
  • 2017/09/14

蜂に刺されてしまったときの対処法

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

7月になると蜂は、巣作りのために非常に動きが活発になり、蜂に刺される被害が非常に多くなります。

そのため、蜂の巣ができてしまった場合は、早急に正しい対応を行っていく必要がありますが、巣があることに気が付かずに刺されてしまうケースもあります。

蜂に刺された場合、非常に多くの対処法が紹介されておりますが、どの対処法が良いかという判断は難しいのではないでしょうか。

そこで今回は、蜂に刺されたときの正しい対処法についてご紹介させていただきます。

蜂の種類について

一言で蜂と言っても、さまざまな種類のハチがいるため、まずは蜂の基礎知識として、主なハチの種類についてご紹介をいたします。

アシナガバチ

アシナガバチは、性格はおとなしく、攻撃性も高くはないため、こちらから何かをしない限りは刺されることは滅多にありませんが、気が付かずに巣を刺激してしまい、刺されてしまったという例も多くあります。

また、営巣場所は家の軒下など、人の生活圏に近いこともあるため、注意をしなくてはなりません。

オオスズメバチ

非常に危険な蜂ですが、土の中や木の根元などに巣を作ります。

そのため、あまり出くわすことはないかもしれませんが、巣が土の中にあるため、過って巣を刺激して刺されてしまうケースもあり、毒性が非常に高いため、注意しなくてはなりません。

キイロスズメバチ

キイロスズメバチは、人の生活圏に営巣する非常に危険な蜂になり、小柄ではありますが、攻撃性も高く、また非常に毒性も強いため、警戒すべき蜂になります。

刺されたときの症状

蜂に刺されると、局所または全身のどちらかの症状が発生します。

局所症状

局所症状は、刺された箇所にだけ出る症状で、「痛み」や「腫れ」、「かゆみをともなうしこり」などがあります。

全身症状

全身症状は、体全体に出る症状で、「じんましん」や「吐き気や嘔吐」、「呼吸困難」、「発熱」、「痙攣」などがあり、アナフラキーショックを引き起こす可能性があるので、早急に救急車を要請し、医師の診断を受けなくてはなりません。

蜂に刺されたときの対処法

蜂に刺されたときは以下のように、対処を行うようにしましょう。

毒を洗い流し、針を抜く

刺されると、蜂の針が体内に残ることがあるので、毒を洗い流すために、きれいな水で傷口を洗い、針が残っている場合は、ピンセットで取り除かなくてはなりません。

ピンセットが無い場合は、カードなどの硬いものを横に払うことで、落とすことができます。

毒を絞り出す

水で洗い流しながら、傷口を揉み洗いしたり、傷口周辺を爪などで圧迫することで、毒を絞り出します。

患部の治療

刺された箇所に虫刺され用の薬を塗ったり、冷たい濡れタオルで患部を冷やしたりします。

病院に行く

一通り治療を終えたら、病院に行くことをお薦めします。

特に全身症状が出ている場合は、必ず医師の診断を受けるようにしなくてはなりません。

行ってはいけない対処法

蜂に刺された場合に絶対に行ってはいけない対処法をご紹介いたします。

慌てて逃げない

蜂に刺された後、大慌てで逃げたり、大声を出すと、さらい蜂を刺激して、再度刺されてしまう可能性があります。

そのため、難しいかもしれませんが、刺されたときには、冷静にゆっくりと蜂から距離を取るようにしましょう。

口で毒を吸う

口で毒を吸うと、体内に毒が入り込む可能性もあるため、必ず水などを使いながら毒を絞り出すようにしなくてはなりません。

アンモニア療法を行う

傷口に尿を掛けると良いと言われていますが、大きな間違いであるため、絶対に行ってはいけません。

まとめ

蜂に刺された場合は、冷静に対処することが重要です。

蜂は、非常に危険な害虫になるため、蜂の巣が家屋の周辺にできた場合は、できる限り蜂駆除業者に依頼するようにしましょう。

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

対応エリア・お問い合わせ

サービス対応エリア 大阪・京都・神戸(兵庫)・奈良・三重・滋賀・和歌山
お電話でのお問い合わせ 0120477123
メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

TOP