害虫・害獣駆除百科

害虫・害獣の基礎知識から駆除方法をご紹介!

  • 害虫・害獣
  • 2017/09/11

害虫・害獣の発生時期と活動時期

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

よく「ネズミって何月ごろから発生するの?」や「ゴキブリ駆除は何月ごろに依頼すればいいの?」などの害虫・害獣の発生時期と活動時期に関するご質問をいただきます。

害獣や害獣の発生時期を知ることで、前もって対策を行うことができるため、害虫・害獣被害を回避することが可能になります。

そこで今回は、ネズミやゴキブリなどの害虫・害獣対策を何月から始めるべきかお悩みの方向けに、さまざまな害虫・害獣の発生時期についてご紹介をいたします。

ねずみ

家ネズミは、暖かい屋内で暮らしているため、冬眠をせず、年間を通して出てきます。

特に、被害が多くなるのは、寒くなり初めの時期で、屋内の暖かい場所にネズミが集まり、被害が急増します。

イタチ

イタチは冬眠することが無いため、年間を通して出てきます。

特に被害が多くなるのは、5月から6月の繁殖時期になります。

蜂は、4月ごろから活動を開始していますが、その時期はまだ女王蜂しかいないため、被害を受けることはありません。

蜂の種類によって誤差はありますが、女王蜂が巣を作り始め、働き蜂が多くなってきた7月頃から非常に危険性が高まり、大体10月ごろまでが活動時期になります。

ゴキブリ

ゴキブリは、25度から30度ぐらいの温度を好むため、春から秋にかけて活動を行います。

また、冬は冬眠していると考えてしまいがちですが、実は冬眠を行わずに暖かい家の中であまり動かずに冬を過ごしています。

シロアリ

シロアリは、通常6度以下の気温になると、活動を停止して、休眠状態に入るため、冬は活動しないことが一般的でした。

しかし、最近では、高断熱の住宅や床暖房を導入している住宅などが多く、床下が比較的暖かい環境になってしまっているため、一年中活動していることも多くあります。

特に被害が多くなるのは、5~7月の時期であると言われています。

まとめ

従来、ネズミは冬は冬眠するや、シロアリも冬は活動を停止するなどと言われておりましたが、現在は環境の変化により、害虫や害獣の活動時期も大きく変化しています。

人が暮らしやすい環境は、害虫や害獣にとっても快適であるためです。

但し、やはり活動しやすい時期としづらい時期があるため、活動がしやすくなる前に前もって対策を行っていくようにしなくてはなりません。

当社では、京都にある害虫・害獣駆除業者で、害虫・害獣の予防にも力を入れておりますので、害虫・害獣予防をしたいとお考えの方は、お気軽にご相談ください。

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

対応エリア・お問い合わせ

サービス対応エリア 大阪・京都・神戸(兵庫)・奈良・三重・滋賀・和歌山
お電話でのお問い合わせ 0120477123
メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

TOP