害虫・害獣駆除百科

害虫・害獣の基礎知識から駆除方法をご紹介!

  • 駆除方法
  • 2017/09/13

自分で行うイタチ駆除

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

家にイタチが住み着いてしまうと、夜中に天井からドタバタなどの騒音が発生したり、家の中に獣と糞の匂いが充満したり、食材がかじられたり、さまざまな被害を引き起こしてしまいます。

そのため、イタチが住み着いたらすぐに駆除しなくてはならず、後回しにすればするほどその被害が拡大していきますが、イタチ駆除を業者に依頼すると、非常に多くの費用が掛かるため、まずは自分で駆除してみたいとお思いの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、自分で行うイタチ駆除の方法をご紹介いたします。

イタチ駆除は慎重に行いましょう

イタチは、鳥獣保護法によって、捕獲したり、殺処分した場合、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金が課せられてしまいます。

そのため、イタチ駆除を行う際には、捕獲したり、殺処分しないように、細心の注意をもって行う必要があり、駆除というよりも、家屋から追い出すようにしなくてはなりません。

イタチの駆除方法

イタチを駆除する方法をご紹介いたします。

進入口の調査

イタチを追い出す方法としては、まずはイタチの進入口を知る必要があります。

イタチの進入口の付近には、イタチの足跡や毛が落ちていることが多いため、まずは家の周りや屋根を確認して、イタチが侵入してきた痕跡を探す必要があります。

但し、イタチの侵入口を見つけても、まだこの段階では封鎖してはならず、駆除する前にこの進入口を封鎖してしまうと、イタチを追い出すことができないため注意が必要です。

追い出す

まずは、イタチを追い出す作業を行います。

イタチは、非常に嗅覚が優れている害獣になるため、煙を使って追い出す方法が一般的です。

その際には、先ほど見つけた侵入口の近くに煙を出していると、イタチは侵入口に近寄ることができないため、追い出すことができません。

そのため、可能な限り進入口から遠い場所に煙を出すようにしなくてはならず、1箇所ではなく、天井裏を中心に複数個所に設置すると効果的です。

侵入口の封鎖

イタチを追い出した後に、侵入口を閉鎖します。

その際には必ず金網やガムテープなどを用いて、隙間ができないようにしなくてはなりません。

清掃

イタチを駆除した後には、必ず屋根裏を中心に清掃・殺菌を行うようにしましょう。

この清掃や殺菌を怠った場合、健康被害の原因になってしまいます。

まとめ

イタチの駆除は、非常に難しいものになります。

間違えて、捕獲や殺処分をしてしまった場合、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金が課せられてしまいます。

できる限りコストを抑えてイタチ駆除を行いたいとお考えの方は、まずは自分で行ってみても良いかもしれませんが、もし無理だった場合は、イタチ被害は時間が経てば経つほど被害が拡大するため、できる限り早くイタチ駆除業者業者に依頼されることをお薦めいたします。

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

対応エリア・お問い合わせ

サービス対応エリア 大阪・京都・神戸(兵庫)・奈良・三重・滋賀・和歌山
お電話でのお問い合わせ 0120477123
メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

TOP