害虫・害獣駆除百科

害虫・害獣の基礎知識から駆除方法をご紹介!

  • 予防法
  • 2018/08/30

秋と冬こそネズミ予防が重要

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

秋と冬こそネズミ予防が重要

ネズミは基本的に、寒さに弱い動物ですが、ネズミ駆除に関するご相談やお問い合わせは、1年中いただいており、気温が下がる秋や冬の時期にもかなり多くあります。

そのため、春や夏だけではなく秋や冬にも、しっかりとネズミ予防を行っておくことで、ネズミ被害を最小限に抑えることが可能ですし、春や夏に向けて冬にネズミ予防や駆除を行っておくことで、被害を最小限に抑えることが可能になります。

今回は、秋や冬になぜネズミが多く発生するのかについてご紹介をいたします。

ネズミが活発に活動する時期

ネズミは冬眠する動物であると思われている方も多いかと思いますが、実は家ネズミと呼ばれるクマネズミとドブネズミ、ハツカネズミは、冬の寒い時期には、家屋内で生活をするため、冬眠をする必要がありません。

そのため、冬にもネズミ被害がなくなりませんが、なぜ秋や冬に被害が多くあるかと言うと、ネズミの繁殖期と大きく関わっています。

ネズミの繁殖期は、3月から5月と10月から11月になり、冬の寒さをしのぐためだけではなく、安全に出産や子育てを行うために家屋内に住み着き、ネズミの数と比例してネズミ被害が増えてしまいます。

但し、ネズミは繁殖期である3月から5月と10月から11月以外も出産するため注意が必要です。

家ネズミごとの活動時期

家ネズミは1年中活動をしていますが、家ネズミの種類によって活発に活動する時期が少しだけ異なります。

基本的には、ネズミが活発に活動する時期と言うだけであり、ネズミの予防や駆除をこれからご検討の方であれば、冬にもネズミは活動することを知っておくことが重要です。

クマネズミ

クマネズミは、非常に警戒心が強いネズミになり、高いところや狭いところを好み、寒い所や水は苦手であるため、主に屋根裏に住み着くことが多い家ネズミになります。

クマネズミは、寒さに弱いため、春と夏、秋に活発に活動します。

ドブネズミ

ドブネズミは、非常に気性の荒い性格をしており、人間などの自分より大きな動物であっても飛びかかったり、噛みついたりしてくることもあります。

ドブネズミは、下水道や床下、台所などの水のある場所を好み、床下に住み着くことが多い家ネズミになります。

ドブネズミは、寒さに強いため、冬に近い春や秋でも活発に活動します。

ハツカネズミ

ハツカネズミは、警戒心はあまり高くありませんが、非常におとなしいネズミになり、泳ぎは苦手ですが、家ネズミの中で最も小さく、高い場所を好むため、主に屋根裏に住み着くことが多い家ネズミになります。

ハツカネズミは、寒さに弱く、春と夏、秋に活発に活動します。

秋や冬でもネズミ被害が多い理由

ネズミは、寒さに弱い動物ですが、秋や冬にも被害が多い理由は、冬の寒さをしのぐためや、出産と子育てのために安全な家屋内に住み着くためですが、より詳しくネズミが家屋内に住む理由をご紹介いたします。

雨風がしのげて暖かい

ネズミは寒さに弱い動物であるため、1年を通して暖かい場所を快適な空間であると考えます。

そのため、人が生活や活動をする家屋やビルなどの建物では、断熱性能が高いことや、暖房器具が充実しているため、冬でもネズミにとって快適な環境となってしまっています。

食料が豊富にある

ネズミは、基本的には雑食であるため、人が食べるものであれば、なんでも食べます。

そのため、家屋内に住み着くことで、人が食べ残した食事や生ごみなどの食料を、効率よく収集できるようになります。

安全に暮らせる

外には、ネコやイタチ、ヘビなどのネズミにとっての天敵が多数います。

もちろん家屋内にも、ネズミの天敵はいますが、屋外に比べ非常に数が少ないため、ネズミにとって家屋内は非常に安全な場所となります。

子育てと出産

ネズミが子育てするためには、より安全で暖かく食料にも困らない場所が必要になり、家屋内はネズミにとって非常に出産と子育てがしやすい場所になります。

秋のネズミは早く駆除を行ったほうが良い

秋ごろにネズミ被害が発生した場合、繁殖時期であるため、できる限り迅速に駆除を行わなくてはなりません。

ネズミは一度に5匹程度を出産するため、ネズミ被害がさらに拡大してしまいますし、そのまま放置していると、春のネズミの繁殖時期で、より多くのネズミが住み着くことになってしまいます。

そうなってしまうと、もう自分の手では負えないですし、またネズミ駆除業者に依頼しても、数が多いために、すぐに駆除することは難しくなるため、秋の時期にネズミ駆除業者に連絡を入れ、しっかりと駆除しておくことが重要です。

まとめ

秋から冬にかけてネズミ被害が急増する理由は、ネズミの繁殖時期と大きく関係しており、少し涼しくなる前から、ネズミ予防と駆除をしっかりと行っておくことで、被害を最小限に抑えることが可能です。

当社では、近畿一円でネズミの完全駆除サービスを提供しておりますので、ネズミ被害でお悩みの方は、まずはお気軽にご相談ください。

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

対応エリア・お問い合わせ

サービス対応エリア 大阪・京都・神戸(兵庫)・奈良・三重・滋賀・和歌山
お電話でのお問い合わせ 0120477123
メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

TOP