害虫・害獣駆除百科

害虫・害獣の基礎知識から駆除方法をご紹介!

  • 駆除方法
  • 2018/08/20

子どもやペットがいる場合のネズミ駆除の注意点

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

住宅にネズミが出ると、さまざまな被害を被ってしまうため、早急な対応が必要になります。

しかし、害虫・害獣駆除業者に依頼すると、ある程度の費用が必要となってしまうため、まずは自分でネズミ駆除を行いたいとお思いになられる方も多くいらっしゃると思います。

その際に、子どもやペットがいるご家庭の場合においては、注意しなくてはならないポイントがあります。

今回は、子どもやペットがご家庭にいらっしゃる場合のネズミ駆除の注意点をご紹介いたします。

安全なねずみ駆除の方法

ネズミ駆除には、大きく分けて「毒餌や殺虫剤」と「粘着シートや罠」、「追い出す」の3つの駆除方法があります。

毒餌や殺虫剤

毒餌や殺虫剤を利用して、ネズミを駆除します。

その際には、子どもやペットが毒餌を食べないようにしたり、殺虫剤が掛からないようになくてはなりません。

ネズミ駆除に利用される毒餌や殺虫剤は非常に強い薬であるため、少量であったとしても食べたりしてしまうと、死に至るケースもあるため、細心の注意が必要になります。

粘着シートや罠

粘着シートや罠は、非常に粘着力の強いものを利用するため、子どもやペットがそのシートを踏んでしまうと、粘着シートを引きはがす際に、強い痛みを伴うことになってしまいます。

そのため、粘着シートや罠を設置した部屋には、子どもやペットを近寄らせないようにしなくてはなりません。

追い出す

ネズミを追い出す方法として、多く利用されるのが、燻煙剤になります。

燻煙剤は、人体に影響のない成分を利用されていることが一般的ですが、子どもの体質などによっては、アレルギーになってしまうこともあります。

そのため、燻煙剤を炊き終わった後は、綺麗に掃除をすることや、しっかりと換気を行うようにしなくてはなりません。

まとめ

ネズミ駆除を行う際には、特に子どもやペットがいる家庭においては、通常以上に注意を行う必要があります。

ネズミ駆除に利用する道具は、どれも非常に強力なものばかりになるため、注意を怠ってしまうと、大きな事故に繋がってしまいます。

当社では、ネズミ駆除の技術力を高めることはもちろんですが、それ以上に危険な道具を利用しているという考えから、慣れた作業であったとしても、細心の注意を払い、駆除施工を実施いたしております。

大阪・京都・滋賀・神戸(兵庫)・奈良・和歌山の近畿圏であれば、即日対応も可能ですので、子どもやペットがいらっしゃるご家庭で、自分で駆除を行うのは不安だとお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

> ねずみ駆除サービスはこちら

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

対応エリア・お問い合わせ

サービス対応エリア 大阪・京都・神戸(兵庫)・奈良・三重・滋賀・和歌山
お電話でのお問い合わせ 0120477123
メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

TOP