害虫・害獣駆除百科

害虫・害獣の基礎知識から駆除方法をご紹介!

  • 害虫・害獣
  • 2018/02/12

ハクビシンによるさまざまな被害

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

ハクビシンが住宅やその周辺に住み着いてしまうと、農作物を荒らされたり、家屋の壁などを破壊されたり、屋根裏に住み着いてしまうことによる騒音など、非常にさまざまな被害をこうむってしまいます。

特にもっとも大きな被害と言っても過言ではないのが、ハクビシンによる健康被害になり、ハクビシンを駆除せずに放置していると、人やペットなどが健康被害の影響を受けてしまう可能性があります。

今回は、ハクビシンによる健康被害についてご紹介をいたします。

ノミやダニによる健康被害

ハクビシンが家屋に住み着いてしまうと、ハクビシンの体に付着しているノミやダニも一緒に家屋に入ってきてしまいます。

このノミやダニによって、アレルギーを引き起こしたり、噛まれてしまったりの被害を受けてしまいます。

排泄物による健康被害

ハクビシンは、一般的に屋根裏などに住み着くことが多く、また排泄物を住処の近くで行うことが多いため、雑菌などが繁殖してしまいます。

天井裏で繁殖した雑菌は、天井裏にとどまらず、天井の隙間から生活スペースまで下りてきてしまうため、感染症の原因になってしまう可能性が非常に高くなります。

ペットの健康被害について

ハクビシンが家屋に住み着いた場合、人だけではなく、飼っている犬や猫などのペットにも健康被害をもたらしてしまいます。

単に、ノミやダニが移ってしまうだけのこともありますが、人間やハクビシンには影響のない感染症を発生させてしまう可能性もあるのです。

まとめ

ハクビシンがもし家屋に住み着いている場合は、早急な対応を行うことが重要です。

ハクビシンが家屋に住み着いた場合、屋根裏を走り回る騒音被害がもっとも目に付きやすい被害になりますが、放っておくと健康被害を受けてしまう可能性もあります。

当社では、害虫・害獣の調査については、無料対応させていただいておりますので、ハクビシンが住み着いているかもしれないとお思いの場合は、まずはお気軽にご相談ください。

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

対応エリア・お問い合わせ

サービス対応エリア 大阪・京都・神戸(兵庫)・奈良・三重・滋賀・和歌山
お電話でのお問い合わせ 0120477123
メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

TOP