害虫・害獣駆除百科

害虫・害獣の基礎知識から駆除方法をご紹介!

  • 予防法
  • 2018/08/29

ネズミが嫌いなもの

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

ネズミが家に侵入してこないようにするためには、ネズミの嫌いなものを明確に把握し、それらをうまく用いることが重要になります。

基本的には、ネズミが家屋に浸入する目的は、食べ物を求めているためであるため、食べ物の管理を徹底することで、効果的なネズミ予防にはなりますが、それに加えてネズミの嫌いなものを用いることで、よりネズミが侵入しない環境を作ることが可能です。

今回は、過去にネズミが侵入したや、ネズミ予防を行いたいとお考えの方向けに、ネズミが嫌いなものをご紹介いたします。

ネズミが嫌いなもの

ネズミが嫌いなものをご紹介いたします。

食べ物の無い場所

ネズミは、3日間食べていないと餓死してしまいます。

それは、ネズミは体が小さくエネルギーを蓄積できないのにもかかわらず、非常に体力を消耗してしまう体質であるためです。

そのため、食べ物をしっかりと管理して、ネズミが食べれないようにしておくことで、家から出て行ってくれる可能性もあります。

寒い場所

一般的にネズミは、寒さに非常に弱い生き物で、記憶が10度以下になると動けなくなってしまいます。

しかし、現在の住宅は比較的暖かい環境になっているため、ネズミは家の中で暖かい場所に住処を作りってしまうため、10度以下になることはほとんどなく、冬でもネズミが活動できる環境となってしまっています。

そのため、こまめに掃除を行い、ネズミが巣を作る材料が無い家にすることが重要になります。

天敵のいる場所

天敵がいることでネズミが近寄らない環境とすることができます。

ネズミの天敵として最も有名なのが猫かと思います。

現在、猫はネズミを食べると言うことはありませんが、遊び目的で退治してくれることはあり、ネズミは猫を見ると逃げ出してしまうことが一般的です。

フェレット

フェレットも猫と同様に、ネズミを狩る生物になります。

その他

その他、フクロウやヘビ、ハムスターなどもネズミにとっては天敵になります。

強い匂いを発するものがある場所

ネズミは、嗅覚が非常に優れた生き物であるため、匂いの強いユリやハーブなどがあると、その場所に近寄ろうとしません。

但し、次第にネズミもその匂いになれてしまうため、匂いでの予防は、一時的なものと考えるようにしなくてはなりません。

まとめ

ネズミが嫌いなものを把握することで、効率の良いネズミ予防を行うことが可能です。

特に食べ物の管理や、こまめな掃除などについては、ちょっとした努力でできるものになるため、ネズミ予防を行いたいとお思いの方は、まずはそれらから実践されてみてはいかがでしょうか。

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

対応エリア・お問い合わせ

サービス対応エリア 大阪・京都・神戸(兵庫)・奈良・三重・滋賀・和歌山
お電話でのお問い合わせ 0120477123
メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

TOP