害虫・害獣駆除百科

害虫・害獣の基礎知識から駆除方法をご紹介!

  • 害虫・害獣
  • 2017/01/07

家ねずみの見分け方

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

鼠(ねずみ)を駆除する際には、まずはどの家ねずみかを明確にすることが重要です。

家ねずみの種類が分からなければ、どのあたりに巣を作っているのかや、どうやって対策を行っていくのかが分からないため、効果的な駆除を行うことができません。

そこで今回は、ねずみ被害でお悩みの方向けに、家ねずみの見分け方についてご紹介をいたします。

家ねずみの種類

家ねずみには、ドブネズミとクマネズミ、ハツカネズミがいます。

体型から判断

体型を見ればある程度、家ネズミの違いを判断することが可能です。

サイズで言えば、ドブネズミが最も大きく、次にクマネズミ、最も小さいのがハツカネズミになります。

しかし、実際に見比べたことが無い方であれば、このサイズの違いからネズミの種類を判別することは難しく、それぞれの大きさに加えて、特徴から判断していく必要があります。

ドブネズミの特徴

ドブネズミは、体長は20~30cm、体重は200~500gほどで、しっぽが短く耳が小さい特徴があります。

大きさの目安としては、子猫サイズと言われており、かなりの大きさのネズミになります。

クマネズミの特徴

クマネズミは、体長は15~25cm、体重は100~200gほどで、しっぽが長く、耳も大きい特徴があります。

大きさの目安としては、ドブネズミよりは小さいですが、同様に子猫サイズと言われており、かなりの大きさのネズミになります。

ハツカネズミの特徴

ハツカネズミは、体長は5~10cm、体重は10~30gほどで、しっぽは短く、耳が大きい特徴があります。

大きさの目安としては、ハムスターサイズと言われており、比較的小さなネズミになります。

ラットサインから判断

ラットサインとは、家ネズミの侵入口とよく通るルートなどにネズミの汚れがついて黒くなっている現象や、足跡の場所、かじっている場所、糞尿の場所などのネズミが通過した痕跡のことを言います。

このラットサインは、それぞれのネズミによって異なるため、非常に有効な判断材料として活用できます。

ドブネズミのラットサイン

ドブネズミのラットサインがよくある場所をご紹介します。

  1. 家の基礎の隙間
  2. 低階層の壁の割れ目
  3. 床下の通風口
  4. トイレやキッチンなどの水回りの配管 など

クマネズミのラットサイン

クマネズミのラットサインがよくある場所をご紹介します。

  1. 壁の割れ目
  2. 排水パイプ
  3. 室外機
  4. エアコンホースの根元と導入部
  5. 2階以上の窓
  6. 換気扇
  7. 屋根の隙間 など

ハツカネズミのラットサイン

ハツカネズミのラットサインがよくある場所をご紹介します。

  1. 壁の割れ目
  2. 室外機
  3. エアコンホースの根元と導入部
  4. 換気扇
  5. 屋根の隙間
  6. 荷物に紛れて など

フンから見分ける

ネズミを見つけることができず、またラットサインも見当たらない場合は、ネズミのフンから種類を特定します。

ドブネズミのフン

ドブネズミのフンは、10~20mmほどの大きさで、均一でやや丸い形をしています。

クマネズミのフン

クマネズミのフンは、6~10mmほどの大きさで、不揃いで細長い形をしています。

ハツカネズミのフン

ハツカネズミのフンは、4~7mmほどの大きさで、両端が尖っています。

ネズミ被害でお悩みの方へ

ネズミ被害に遭われており、どのネズミかが分からない場合は、お気軽に弊社にお問い合わせください。

弊社では、大阪・京都・神戸などの近畿一円でネズミ駆除を行っており、ネズミの種類の特定はもちろん、徹底した再発予防により、お客様の安心と安全の暮らしを取り戻すサポートをさせて頂いております。

弊社にご興味をお持ちでしたら、ネズミ駆除サービスのページも合わせてご覧いただけましたら幸いです。

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

対応エリア・お問い合わせ

サービス対応エリア 大阪・京都・神戸(兵庫)・奈良・三重・滋賀・和歌山
お電話でのお問い合わせ 0120477123
メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

TOP