害虫・害獣駆除百科

害虫・害獣の基礎知識から駆除方法をご紹介!

  • 駆除方法
  • 2018/07/04

飲食店にネズミが出たときの対処法

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

飲食店を経営されている方は、ネズミが店舗に出てしまうと、店の評判が落ちてしまうため、必ずネズミ対策の準備を行っておく必要があります。

そのため、あらかじめネズミが出てきたときの対処法を知っておくべきであり、それらを知っていると知っていないでは、対応速度が大きく変わります。

そこで今回は、飲食店様向けに、ネズミが出たときの対処法をご紹介いたします。

ネズミが発生したときの被害

ネズミの対策法を知る前に、飲食店にネズミが発生した場合の被害についてご紹介をいたします。

食材への被害

飲食店のネズミ被害ですぐに思いつくのが、食材への被害かと思います。

食材をネズミにかじられてしまうと、衛生上その食材を使うことができなくなってしまいますので、経済被害にも発展してしまいます。

また、ネズミの糞尿が食材に付着することで、サルモネラ菌やさまざまな病原菌が感染し、食中毒の原因にもなってしまいます。

火災の原因

ネズミの前歯は一生伸び続けるため、常に何か硬いものをかじって、前歯をすり減らす習性があります。

この習性により、天井や店内などの電気コードやガス管をかじってしまい、火災が起きてしまうこともあります。

SNSなどによる拡散

現在、SNSを利用してユーザがさまざまな情報発信を行います。

そのため、一度でもネズミが出てしまうと、それをSNSなどで拡散されてしまい、まるで普段からネズミが出ているかのような印象を持たれてしまう可能性もあります。

行政処分

万が一、ネズミの糞尿が食材に付着し、食中毒が発生してしまうと、食品衛生法にもとづき、行政処分の対象になってしまいます。

ネズミの対処法

ネズミの発見法からネズミの対処法までをご紹介いたします。

ラットサインの確認

ラットサインとは、ネズミが家屋に浸入する際に、壁などに接触しできる汚れや糞、かじり跡、足跡など、ネズミが通った痕跡のことを言います。

このラットサインを見つけることで、ネズミがどこから侵入してきたかや、どこをよく通るのかなどを知ることができます。

ドブネズミ

ドブネズミのフンは、10から20ミリ程度の大きさで、糞の形はやや丸い形をしています。

また、ドブネズミは、高いところは苦手であるため、基本的には床に散乱していることが多いです。

クマネズミ

クマネズミのフンは、6から10ミリ程度の大きさで、細長くて不揃いな形をしています。

動き回りながら糞をする習性があるため、天井裏や床など、さまざまな場所に散乱していることが多いです。

ハツカネズミ

ハツカネズミのフンは、4から7ミリ程度の大きさで、端がとがっているのが特徴です。

警戒心が低いため、人目に付く場所でも糞をします。

ネズミ対策は自分でできるかどうか

飲食店さまの場合においては、自分での対策は非常に難しいものになります。

特に飲食店では、家ネズミの中でも賢いクマネズミが生息することが多いため、ネズミを探すことはもちろん、駆除することは難しいと言っても過言ではありません。

また、駆除を自分でするにしても、非常に多くの時間が掛かってしまうため、駆除ができるまでに、さまざまな被害を被ってしまいます。

そのため、自分で駆除を行おうとは考えずに、できる限りネズミ駆除業者に依頼するようにしましょう。

ネズミが発生しない店舗づくり

飲食店さまにおいては、ネズミが発生したのちに、対処するよりも、できる限りネズミが発生し無いような予防を行うことが重要です。

そのためには、食材をしっかりと管理して、段ボールなどで保管せず、ねずみが侵入できないような容器で保管することや、料理の残りや処分する食材については、なるべく早めに処分することなどが重要です。

また、ハーブ等の匂いの強い植物を置いたり、超音波などを利用することも効果的です。

まとめ

飲食店さまにおいて、ネズミが店舗に発生してしまうと、非常に大きな問題であると言えます。

そのため、ねずみが発生しないように予防をしっかりと行うことや、発生した場合は、すぐにネズミ駆除業者に連絡を入れるようにしなくてはなりません。

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

対応エリア・お問い合わせ

サービス対応エリア 大阪・京都・神戸(兵庫)・奈良・三重・滋賀・和歌山
お電話でのお問い合わせ 0120477123
メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

TOP