害虫・害獣駆除百科

害虫・害獣の基礎知識から駆除方法をご紹介!

  • 予防法
  • 2018/09/13

シロアリ予防の重要性

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

シロアリ予防の重要性

新築時に、シロアリ予防を行われた方は多いかと思いますが、シロアリ予防は1度すれば終わりではなく、約5年ごとに行い続ける必要があります。

5年と言われる理由は、5年でシロアリ予防で使用した薬剤の効果が消えてしまうためであり、5年ごとにシロアリ予防を行っていない場合、家屋にシロアリが浸入してしまい、柱や床などをシロアリに食害されてしまい、中程度の地震であっても、非常に危険な状態になってしまうこともあります。

今回は、シロアリ予防の重要性や、なぜシロアリ予防業者に依頼したほうが良いのかについてご紹介をいたします。

シロアリ予防の重要性

シロアリが家屋に棲み付くと、柱や床などの木材を食害してしまい、さまざまな被害を被ってしまいます。

耐震性が低くなる

シロアリは、柱や土台、床板などを食害してしまうため、住宅が地震や強風などによる揺れに対して、十分な強度を保てなくなり、最悪の場合は、倒壊などの恐れも出てきてしまいます。

不動産価値が下がる

シロアリが1度でも発生してしまうと、住宅を売る際に、購入者に対しての報告義務が発生するため、不動産価値が大きく下がってしまいます。

自分でシロアリ駆除・予防は難しい

現在、ホームセンターなどに行くと、多くのシロアリ予防用の薬剤が売られているため、自分でシロアリ予防を行いたいとお考えの方も多くいらっしゃいます。

しかし、ある程度の経験と知識が無い場合、巣の表面のシロアリのみを駆除して、巣の奥にいる女王アリまで駆除しきれることはあまりないため、シロアリを駆除したと思い込んでしまい、被害が拡大してしまう可能性があります。

工法が違う

シロアリ駆除・予防の工法には、「ベイト工法」と「ケミカル工法」、「バリア工法」の3つの工法があります。

自分で行う場合は、単に薬剤を散布するケミカル工法になり、こちらの場合は巣を根こそぎ全滅させることが難しいものになります。

シロアリ駆除業者が行うベイト工法では、シロアリが巣にエサを持ち帰る習性を利用して、薬剤を巣に持ち帰らせるため、巣にいるすべての白蟻を駆除することが可能になります。

また、ベイト工法は時間がかかるため、大量の薬剤を噴射させるバリア工法も合わせて行うことが一般的です。

駆除業者にはアフターフォローがある

シロアリ駆除業者に依頼すると5年間のアフターフォローが付いてきます。

そのため、万が一再発した場合であっても、無料で再駆除を行ってくれますが、自分で行った場合は、何度も繰り返し自分で行い続けなくてはなりません。

適切な点検を行ってくれる

シロアリが発生しているかどうかの点検を正確に行うためには、多くのシロアリ予防や駆除を経験していなくてはできません。

シロアリ予防業者に依頼すれば、シロアリが巣を作っていそうなポイントを点検してくれ、適切な対処を行ってくれます。

イエシロアリはすぐに復活する

イエシロアリの巣は、完全に駆除しなくては、すぐに復活してしまいます。

一般的に日本全国にいるシロアリは、ヤマトシロアリになりますが、千葉より西の太平洋側の地域と小笠原諸島、南西諸島に分布しているイエシロアリが発生している場合、その被害は甚大なものになります。

イエシロアリとヤマトシロアリの最大の違いは、その数にあり、ヤマトシロアリの巣が2から3万匹に対して、イエシロアリは100万匹以上になります。

そのため、完全に駆除しきれていなかった場合、駆除したと思い込んでしまい、さらに被害が拡大してしまいます。

シロアリ予防は5年に1回

シロアリ予防は、必ず5年に1度行わなくてはなりません。

よくある間違いとして、新築だから10年は大丈夫とお思いの方がいらっしゃいますが、新築であっても中古であっても、5年でシロアリ予防の薬剤の効果がなくなってしまいます。

そのため、新築であれば、分かりやすいですが、中古物件を購入された場合は、前オーナーがいつシロアリ予防を行ったかの確認をしなくてはなりません。

また、シロアリ予防の薬剤は、5年後に突然その効果がなくなるのではなく、日々少しずつその効果が失われ、5年後には保証ができないほどの効果しか得れないため、シロアリ予防を行ってから5年後の1ヶ月前には予防を行うことが重要です。

住宅の構造によって異なる

基本的には、シロアリ予防は5年で問題ありませんが、シロアリが好む家になっている場合は、少し早めのサイクルで行うことが重要で、実際にどれくらいのサイクルで行えば良いかは、状況によって異なるため、一概には言えず、シロアリ予防業者に確認されることをオススメいたします。

> シロアリが好む家を詳しく見る

まとめ

シロアリ予防は、非常に重要です。

シロアリを放置していると、不動産価値の低下や耐震性の低下などの被害を被ってしまいますので、シロアリが住宅に棲み付く前に対策を行うことが重要です。

また、シロアリ予防は自分で行うこともできますが、確実に予防を行い続けることが重要になるため、できる限りシロアリ予防業者に依頼することをオススメいたします。

当社では、大阪と京都などの近畿一円で、シロアリ駆除と予防を行っておりますので、シロアリ予防を行いたいとお思いの方は、まずはお気軽にご相談ください。

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

対応エリア・お問い合わせ

サービス対応エリア 大阪・京都・神戸(兵庫)・奈良・三重・滋賀・和歌山
お電話でのお問い合わせ 0120477123
メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

TOP