害虫・害獣駆除百科

害虫・害獣の基礎知識から駆除方法をご紹介!

  • 駆除方法
  • 2018/09/11

クマネズミの駆除方法と予防法

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

建物に侵入する家ネズミは、ドブネズミとハツカネズミ、クマネズミの3種類になります。

この家ネズミの中で最も、駆除が難しいと言われているのが、クマネズミになり、クマネズミは、非常に知能が高く、罠を設置しても避けて通ったり、毒餌を利用しても、食べなかったりします。

そのため、クマネズミを駆除するためには、ある程度経験や知識などが必要になり、通常のやり方では、一筋縄ではいきません。

そこで今回は、クマネズミ被害でお悩みの方向けに、クマネズミ駆除の方法をご紹介いたします。

クマネズミの特徴と発生場所

クマネズミを駆除するために、まずはクマネズミの特徴や発生場所を知っておくことが重要になります。

特徴

クマネズミの体長は15~25cm、体重は100~200gになります。

クマネズミの繁殖能力は非常に高く、1頭のクマネズミから一度に約6頭の子ネズミを出産し、年間に約5~6回繰り返します。

出現場所

クマネズミは、非常に警戒心が高く、人前に滅多に姿を見せません。

泳ぎは苦手で、寒さに弱く、乾燥した場所を好みます。

反面、とても身軽で綱渡りが得意なため、電線などを伝って建物内に侵入するため、屋根裏やビルの最上階などに生息します。

クマネズミによる被害

クマネズミによる被害をご紹介いたします。

食材をかじられる

クマネズミが建物内に侵入すると、エサを求め、食材等をかじります。

精米や小麦粉、パン粉などが被害に合うことが多いです。

病原菌や感染症の媒介

クマネズミが家屋に浸入すると、サルモネラ症やレプトスピラ症(ワイル病)、ツツガムシ病、鼠咬症(そこうしょう)などの感染症にかかってしまう可能性があります。

施設や設備をかじる

ネズミは、食べ物以外のものもかじる修正があるため、壁や電気配線、ガスホースなどをかじられてしまいます。

最悪の場合は、火災の原因になってしまうこともあります。

飲食店の場合は営業停止処分も

飲食店の場合、ネズミが発生すると、顧客に不快感を与えてしまいます。

さらには、SNSなどを利用した拡散によって風評被害を招き、結果的に売上の大幅減少に繋がったり、行政による営業停止処分を受けてしまうリスクもあります。

クマネズミの駆除方法

クマねずみの駆除方法と予防法をご紹介いたします。

進入口の特定と通り道の把握

クマネズミは、屋根裏や壁から建物内に侵入して来るため、侵入口を特定するのが非常に難しいです。

そのため、ラットサインの発見や壁や天井裏の隙間などを時間をかけて確認して、進入口を特定するようにしましょう。

駆除

クマネズミは、非常に警戒心が高いため、トラップや毒餌などを上手く回避してきます。

そのため、一度で駆除しようとするのではなく、何度も改善を重ねて駆除していくようにしなくてはなりません。

侵入口の封鎖

クマネズミの駆除後に、侵入口の封鎖を行います。

侵入口は1つと決めつけるのではなく、いくつかある想定でしっかりと確認していきます。

また、封鎖する際には、ネズミが通れないように、しっかりと封鎖することが重要です。

予防

クマネズミの駆除が終わった後に、食品の管理やこまめな掃除を行うようにすることで再発防止になります。

まとめ

クマネズミは、非常に賢く、また警戒心も強いため、自分で駆除することは、非常に難しいものになります。

そのため、自分で駆除したいとお考えの方であっても、何度か駆除施工を行ってみて駆除しきれない場合は、クマネズミ駆除業者に依頼するようにしましょう。

クマネズミの駆除は、早ければ早いほど被害も少ないですし、駆除業者に依頼する場合であっても、費用が安く済む場合もあるため、まずは自分でしてみて駄目だった場合は、早急に駆除業者に連絡をすることをお薦めいたします。

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

対応エリア・お問い合わせ

サービス対応エリア 大阪・京都・神戸(兵庫)・奈良・三重・滋賀・和歌山
お電話でのお問い合わせ 0120477123
メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

TOP