害虫・害獣駆除百科

害虫・害獣の基礎知識から駆除方法をご紹介!

  • 駆除方法
  • 2018/09/06

犬を飼っているご家庭のネズミ駆除の重要性

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

犬を飼っているとネズミを退治してくれると思われる方も多いかと思います。

しかし、犬を飼っているからと言ってネズミを退治、または追い出してくれることはなく、逆に犬がいるご家庭では、犬に危険がともなう可能性が非常に高いです。

そこで今回は、犬を飼われているご家庭でネズミが侵入している場合の注意点をご紹介いたします。

犬がいる場合のネズミ駆除の効果

犬を飼っているからと言って、ネズミを駆除してくれると言うことはありません。

基本的に犬は、自分のテリトリーに入ってきたネズミであれば、吠えてネズミを家から追い出してくれます。

しかし、ネズミも一度犬に吠えられると、その近くに近寄らなくなり、犬がいない屋根裏や床下から家屋に浸入して来ます。

そのため、犬がいるからと言ってネズミ駆除を行ってくれると言うことはほとんどありません。

ネズミがもたらす犬への害

ネズミがもたらす犬への害をご紹介します。

病気

ネズミは基本的に多くの病気を引き起こす害獣になります。

ネズミが原因でかかる病気のうち、犬に感染する病気として最も有名なのが「レプトスピラ症」になります。

レプトスピラ症は、ネズミの排泄物に含まれるレプトスピラによって発症する病気で、下痢や嘔吐、吐血などを引き起こし、最悪の場合、犬が死亡してしまうこともある病気になります。

毒餌やトラップ

ネズミが家に発生すると、毒餌やトラップを仕掛け、ネズミを駆除しますが、犬が毒餌をあやまって食べてしまったり、トラップに掛かってしまう可能性もあります。

毒餌は、殺鼠剤になるので、犬が誤飲してしまった場合、何かしらの影響が出てしまうため、万が一あやまって食べてしまったら、すぐ吐き出させ、動物病院に連れて行ってあげることをお薦めいたします。

また、粘着シートなどのトラップに掛かった場合、犬はトラップを取ろうと暴れてしまい、余計に粘着シートが犬にくっついて、体毛が抜けたり、皮膚が傷ついたりしてしまうこともあります。

万が一、犬が粘着シートに掛かってしまったら、食用油などの犬が舐めても害が無いものを利用して、少しずつはがしてあげるようにしなくてはなりません。

まとめ

犬がいるご家庭のネズミ駆除は非常に重要なものになります。

また、実際に自分で駆除を行う際には、犬があやまって毒餌を誤飲したり、トラップに引っかからないように、細心の注意が必要になります。

Facebook Twitter はてなブックマーク Googleプラス

対応エリア・お問い合わせ

サービス対応エリア 大阪・京都・神戸(兵庫)・奈良・三重・滋賀・和歌山
お電話でのお問い合わせ 0120477123
メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

TOP